UDPテスト(その3)

今日は、先日のプログラムにさらに手を加え、ログを送信者ごとに色をつけたり 太字にしたり プロパティを変えることにした。
コントロールには、リッチテキストボックスを使う。プロジェクトにActiveXを追加し 前回TextBoxで作成した部分を変更し、SelColor SelBold SelFontname SelStart SelTextなどのプロパティで 受信したメッセージを表示する。いままではサンプルコーディングを示して 実装してもらっていたが 今日は方向だけ示して みんなに考えてもらうことにした。
ちょっと ミスも多く苦労したが なんとか 全員開通!!
 
ようやくオセロにチャット機能を組み込む基礎ができたかな?

スポンサーリンク
Rectangle大広告
Rectangle大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする