鳥越俊太郎講演会

地元のなんとか財団(たぶん県の外郭団体)主催の 鳥越俊太郎氏の講演会に行ってきた。
演題は『スーパーポジティブに生きる』

一般的にはネガティブな出来事であっても 物事の視点を変えると、ポジティブに転化でき、新しい道が開けるとの 内容。それも単なるポジティブではなく超(スーパー)ポジティブを目指すことで 一般的には考えられないような展望へつながるとの 話の展開は 氏自信 がんと戦い3回もの手術の体験の持ち主だけに説得力にあふれていた。

とくに 一般には人生こつこつ努力して生きることが 美徳とされていることを あえて否定し 『私は努力することは 嫌いで 一発本番に集中することを 心がけて来た』 とのくだりは 氏の生き方を示す 言葉として強く印象に残った。

スポンサーリンク
Rectangle大広告
Rectangle大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする