塩ビケーナ16mmと格闘 そしてGive Up

Y君に、折角作ってもらった16mmの塩ビケーナが鳴らせないのはいかにも悔しい。

なんとか鳴らせるようになった 20mmケーナを参考に、歌口をいじってみることに・・

5mmの丸やすりで 歌口を20mmケーナとほぼ同じ深さ・幅に加工すると あら不思議 下のラ(A4)から1オクターブ上の ド(C6)まで かなりかすれはあるものの鳴ってくれる。
気を良くして目の細い紙やすりで歌口の表面部分をツルツルにしたら ガーン!! 鳴りが予想に反し なりにくく

ウーーム ズブ素の 自分になんとか できる代物ではなさそう。
自作は、それなりに吹けるようになってから挑戦するものかも・・

スポンサーリンク
Rectangle大広告
Rectangle大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする