やっぱり早とちり

久しぶりにVS2015で、前に打ち込んだUWPのお試しプログラム(某雑誌の記事丸写し)を開いたら、

‘Microsoft.VisualStudio.DesignTools.WindowsXamlDesigner.
Metadata.WindowsUIXamlPlatformMetadata’ にあるメソッド ‘GetStylePropertyTargetType’ に実装が含まれていません。

とのメッセージが出て、デザイナーが表示されない。自覚症状は全く無いが、WEBを見ると、どうもVS2015をUpdate2にしたことに、原因があるようだ。ところが実行してみると全く問題なく実行できる。

あっちこっちをググると、GUIではなくVSの開発者用コマンドプロンプトから開発者モードに設定しないとだめとか、某DLLを削除してVSを修復したらOKとか、.NetFramework3.5 2.0を一旦停止してVSを修復すればいい などなど、挙句の果てはOSから再インストールしないとだめとか、情報があふれている。片っ端から試してみるが結果は同じ。修復処理はゆうに3回。

いずれにしても Universal Windows API Tools (1.3) とWindows 10 SDK (10.0.10586)がうまくInstallできていないことに起因していることは間違いないらしい。

ムッ  Tools (1.3)って意識したかな?? 確か、 VS2015 Update1をInstallした時、API Tools (1.2)となっていて、VS2015をUpdate2にUpdateするときも、特になにも考えてなかったような・・・・

気を取り直して、API Tools (1.2)を削除 、API Tools (1.3)にして、『変更処理』

結果は 正常終了 !!!
VS2015を 実行してみるとデザイナーも表示される。
全ては 自分の早とちり!!??

ちなみに、1)でとりあげていた C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\PrivateAssemblies にあるMicrosoft.VisualStudio.DesignTools.UniversalXamlDesigner.dllの更新日は ‎2016‎年‎4‎月‎7‎日になっている。エラーになっていたときは、たしか2013年だったような。てことは、Update2リリース後に コソッと直してた??

主に参考にしたURL
1)https://social.msdn.microsoft.com/Forums/sqlserver/ja-JP/6a4c0601-25ad-4b51-9fe5-146e393b56dd/xaml-designer-crash-with-default-code-from-blank-uwp-template?forum=visualstudiogeneral

2)http://blog.okazuki.jp/entry/2016/04/02/002524

スポンサーリンク
Rectangle大広告
Rectangle大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする